クラッシュオブクラン&クラッシュロワイヤル〜ゆるガチ攻略!〜

クラッシュオブクラン&クラッシュロワイヤル〜ゆるガチ攻略!〜

クラロワ【インフェルノタワーVSボムタワー】アナタはどっち派?

   

インフェルノタワー ボムタワー クラロワ

防衛施設、アナタは何を使っていますか?
それともゼロ?

実は以前にも、
防衛施設についてのテーマでは書いたことがあるのですが・・・
まだまだプレイスキルが低い時に書いた記事ですからね、
改めて考察していきたいと思います。

以前の記事はコチラ!

中でも特に、
『インフェルノタワー』と『ボムタワー』に注目して比較していきたいと思いますよ!

ということで、
クラロワ【インフェルノタワーVSボムタワー】アナタはどっち派?
をお送りします♪

 

スポンサーリンク

 

使用率で言えば・・・!?

まぁ・・・
ぶっちゃけて言ってしまえば・・・

使用率で見ると、
圧倒的に【インフェルノタワー】の方が多いのではないでしょうか。
(実際にランキング上位からざーっと見ても、ITの方が多いですね)

なぜ、インフェルノタワーの方が多いかと言えば、
もちろん、
【使い勝手の良さ】
これに尽きるのではないかな、と思います。

インフェルノタワーのメリット

インフェルノタワーは、
高コストユニットに非常に強いですよね。

  • ジャイ(ロイジャイ)
  • ゴーレム
  • ペッカ
  • ラヴァハウンド
  • ボウラー

コイツラが攻めてきても、
インフェルノを控えてあれば、
安心感も違ってくるというもの。

空陸問わずで攻撃できるのも利点ですよね!

インフェルノタワーのデメリット

では、インフェルノタワーのデメリットや弱点は、
どういった部分になってくるのでしょうか。

それは長所と表裏一体である、

  • 『一体しか攻撃できない点』
  • 『時間ダメージである点』

これらの部分です。

高コストのデッキを組んでいる方なら、
インフェルノ対策は大抵の方がされておられますでしょう。

ジャイアントのお供にガゴを一緒にとか、
アイススピリットやザップで中断させる、
またはライトニングでタワーもろともスタン+一撃か。

そう、使用率が高いということは、
対策ユニットも同時に編成されている訳なんですよね。

それにエリートバーバリアンやバーバリアン、
ガゴ群など、
こう、数で攻めてくるユニットには、
非常に弱いことも事実。

相手に重いユニットが編成されていなかった場合などには、
逆に重しになりかねないのです。

 

スポンサーリンク

 

ボムタワーのメリット

比較対象が同コストで使用率の高いインフェルノタワーになります。

インフェルノタワーと比べてのメリットは、

  • 範囲攻撃である点
  • 一定ダメージである点
  • 対地攻撃専用である点
  • HPが高い点

これらになります。

『範囲攻撃+陸』これは大いにメリットであり、
やはり使用率の高い、

  • バーバリアン
  • エリートバーバリアン
  • スケルトン部隊

この辺の対策に非常に有効なんですよね。

一定ダメージである点も、
インフェルノと異なり、
ザップやライトニングの付加価値減を狙えます。

特に最近出てきたエレクトロウィザードに対しては、
インフェルノタワーだとろくにダメージを与えることが出来ませんからね・・・

単純にインフェルノタワーよりもHPが高い点でも、
防衛力として嬉しいですね。

ボムタワーの弱点

やはり、
特化ユニットに弱い点でしょうか。

ゴーレムやペッカなどは、
うまいこと誘導して処理してあげないと、
【大惨事】を起こしてしまうこともあるんですよねw

また、
ラヴァやベビードラゴンなど空戦ユニットに対しては、
無防備なのは言わずもがなwww

HPが高いことを利用しての盾替わりとして使うほかありませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

うまいこと使ってあげれば、
インフェルノタワーにも引けを取らない活躍をしてくれるボムタワー。
猫も杓子もインフェルノタワーでは芸がありません。
アナタも一枚いかがですか?

・・・単純にインフェルノタワーに飽きただけってのは秘密です(笑)

関連記事&スポンサーリンク

 - デッキ編成のコツ! , ,